2016年09月30日

地下鉄民営化前進か 吉村市長と自民 “妥結”のポイントは!? 2016.9.29

地下鉄民営化前進か 吉村市長と自民 “妥結”のポイントは!?
産経ニュースwest 2016.9.29 15:00更新
http://www.sankei.com/west/news/160929/wst1609290048-n1.html

 大阪市議会で過去に2度否決された市営地下鉄の民営化が前進しそうだ。慎重だった自民党が求めた今里筋線延伸整備に向けた基金創設に対し、吉村洋文市長(大阪維新の会政調会長)が交通政策全般のための基金約100億円を作る代替案を提示。現時点では延伸を拒否しつつも将来的な含みを残したことで、自民側が「今会期中の民営化基本方針案への賛成もあり得る」と評価したのだ。橋下徹前市長時代から対決続きだった維新と自民に「対話の時代」が訪れたのか。29日午後から市議会の委員会で始まる論戦を前に“妥結”のポイントを探った。

 ■「市長の回答は80点」

 「絶対に無理という回答ではなく80点」。26日夕、突きつけた条件の中核だった今里筋線延伸整備に向けた基金創設について拒否されたにもかかわらず、吉村市長との面談を終えた黒田當士(まさし)・自民市議団幹事長の表情は明るかった。

 継続審議中の民営化基本方針案に賛成する条件として、自民が12項目を吉村市長に示したのは8月末。自民側は「全条件をのんでもらわない限り賛成できない」としていた。

 それでも吉村市長が示した代替案を評価したのは、中長期的に整備すべき路線として今里筋線が含まれるよう、国の審議会答申に「積極的に働きかけていく」と明言したからだ。

 吉村市長はさらに、同線延伸区間でのバス高速輸送システム(BRT)の社会実験の準備や調査を、代替案の基金で実施していく考えも伝えた。

 複数のバス車両を連結して大勢の乗客を運ぶBRTは米ボストン市など海外で普及している。黒田幹事長は「BRT社会実験などで需要を喚起できれば、市長の考えは変わるのではないか」と期待する。

 ■今里筋線50億円赤字

 そもそも吉村市長が延伸基金の創設を拒否したのは、沿線地域の人口減少の見通しなどから「事業化の可能性は極めて厳しい」と試算した平成26年の市諮問機関の答申が根拠だ。実際、今里筋線は18年の開業以来10年連続で赤字が続き27年度も50億円の赤字、1日平均乗客数は予測の半分の6万5千人しかない。

 吉村市長は「市民に大きな負担をかける赤字路線整備はどうしてものめない」と現時点での延伸整備を否定する一方、「将来の政治家の判断を拘束することは僕も自民もできない」と、将来的な延伸整備には含みを残した。

 自民側は、吉村市長が代替案の基金の財源を具体的に示したことも評価した。市交通局が持つ関西電力株(116億円相当)を民営化後の新会社に継承する代わりに、交通局の保有する約100億円を市に残し、基金に組み入れる。民営化後の新会社や、新会社の株式を100%保有することで公的関与を続ける未来の市長や市議会が、この基金を延伸整備に必要とされる1300億円の建設費の一部に充てる選択肢も残す手法だ。

 民営化をめざす吉村市長にとって、これまで慎重な姿勢を貫いてきた自民が議論の土俵に上がる意義は大きい。民営化の実現には基本方針案に加え、市営地下鉄事業の廃止条例案を市議会の3分の2以上の賛成で可決する必要があり、第2会派の自民の協力が欠かせないからだ。

 市側は、12月までの今会期中に基本方針案、来年3月までに廃止条例案をそれぞれ成立させ、30年4月に民営化を実現する青写真を描く。

 自民幹部は「議会質疑で延伸整備に向けた市長の本気度を確認したい」と話しており、論戦の行方が注目される。
posted by 結 at 13:06| 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万博誘致レース「最大のライバルはパリ」 大阪府 2016.9.29

万博誘致レース「最大のライバルはパリ」 大阪府
産経ニュースwest 2016.9.29 23:04更新
http://www.sankei.com/west/news/160929/wst1609290104-n1.html

 大阪府が誘致を目指し、29日に基本構想の素案を示した2025年国際博覧会(万博)。欧米の複数の国が関心を持っているとされる中、府が誘致レースの最大のライバルとみるのがフランス・パリだ。

 「パリが近いうちに立候補すると聞いている」

 29日に開かれた有識者会議で経済産業省の担当者はこう明かし、誘致に向けた作業のスピードアップを促した。一つの都市が立候補を表明した場合、そこから半年で立候補申請を締め切るとの規定があるためだ。

 府によると、トロント(カナダ)やロンドン、マンチェスター(イギリス)、バクー(アゼルバイジャン)なども誘致を模索しているとされる。

 その中でパリは、早くから国を挙げた誘致活動を展開。2024年の五輪とセットでの開催を狙っている。博覧会国際事務局(BIE)の地元であることも誘致レースで有利に働くとの見方もある。

 ただ、早ければ今年初めともいわれた立候補表明がずれ込んだことで、大阪府の松井一郎知事は「十分パリと戦える案を作る時間ができた」と自信をみせる。

 平成26年8月に万博誘致に初めて意欲をみせた松井知事。27年9月にはイタリア・ミラノ万博を視察し、BIEのロセルタレス事務局長とも面談した。

 一方で、菅(すが)義偉(よしひで)官房長官ら閣僚に次々と協力を依頼。昨年12月には政界引退直後の橋下徹氏とともに安倍晋三首相に万博開催の意義などを説明した。安倍首相は今月28日の衆院本会議の代表質問で、府の基本構想案に関し「しっかり検討を進める」と答弁した。

 「万博をやろうというメッセージが伝わってきた」。松井知事は29日、府庁で記者団にこう語り、「2020年の(東京)オリンピックに続く2025年の万博が日本の成長戦略に不可欠だ」と改めて強調した。
posted by 結 at 13:02| 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市、困窮調査の速報値を公表 「絵本買えない」5.9% 2016/9/30

大阪市、困窮調査の速報値を公表 「絵本買えない」5.9%
47NEWS 10:30
http://this.kiji.is/154400137662055924?c=39550187727945729

 大阪市は30日、生活に困窮する子どもの実態把握に向け、市立中2年と同小5年の生徒・児童と保護者、5歳児の保護者を対象に実施したアンケート結果(速報値)を公表した。5歳児の保護者の5.9%が子どもに本や絵本を、8.9%が新しい服や靴を「経済的な理由で買えない経験をした」と答えた。

 「日帰りを含む家族旅行ができなかった」との回答も17.6%あった。無記名方式で6~7月に学校や幼稚園、保育所などを通じて5万5776世帯分を配布、4万3275世帯分を回収。市は30日のこどもの貧困対策推進本部会議で結果を報告、専門家と結果を分析して対策につなげる。
posted by 結 at 12:56| 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

<大阪万博>松井知事「誘致で経済界も協力の機運」 2016年9月29日

<大阪万博>松井知事「誘致で経済界も協力の機運」
YAHOO!JAPANニュース 毎日新聞 2016年9月29日(木)13時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000067-mai-pol

 大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)は29日、府が取り組んでいる2025年万博(国際博覧会)の誘致活動に関して安倍晋三首相が「しっかりと検討を進める」と表明したことについて、「首相の(政府として)やろうというメッセージが伝わってきた。経済界も協力しようという機運が高まると思う」と述べた。府庁で記者団の質問に答えた。

 29日午後の有識者会議で示す府の基本構想の素案で会場建設費を従来より300億円圧縮したことについて、「内容を精査した結果。愛知万博よりは経費を抑えられるだろう」と述べた。資金確保の手法については「(企業ごとに負担金を割り当てる)奉加帳方式でなく、コマーシャルなど(民間投資)を取り入れる方法もある。今の段階で1社いくらという話ではない」と述べた。
posted by 結 at 23:52| 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万博会場建設1200~1300億円、大阪府試算 2016年09月29日

万博会場建設1200~1300億円、大阪府試算
YOMIURI ONLINE 2016年09月29日
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160929-OYO1T50007.html?from=tw

当初想定より300億減

 大阪府が、2025年の開催を目指す万国博覧会(万博)の会場建設費について、当初の想定より300億円少ない1200億~1300億円と試算していることがわかった。会場面積の縮小などが理由で、29日にまとめる基本構想の素案に盛り込む。

 今年6月時点の府の想定では、会場は大阪湾の人工島・夢洲(大阪市此花区、約390ヘクタール)の160ヘクタールを充てるとし、建設費は1500億~1600億円と見込んでいた。しかし、カジノを含む統合型リゾート(IR)の用地70ヘクタールを夢洲に確保するため、万博会場の用地は約100ヘクタールに縮小し、建設費の削減につながった。

 ただ、万博開催に向けては、夢洲の埋め立て前倒しなどで追加費用が必要になるとみられるほか、隣の咲洲からの市営地下鉄中央線の延伸工事でも数百億円規模の公費投入が必要となる可能性がある。府は今後、追加費用を精査し、負担のあり方について、国や大阪市、経済界と調整する方針だ。
posted by 結 at 23:49| 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする